クリニック案内

診療方針

患者さんの悩みに幅広く応え、重い病気を見逃さない

当院は「地域の患者さんの目を守ることのできるクリニック」をめざしています。そのために、患者さんの悩みに幅広くお応えしながら、重い病気を見逃さないことを大切にしています。

目の疾患は症状がないまま進行するものが多く、特にその代表例が、日本における失明原因のトップである緑内障です。40歳を過ぎると発症する可能性が高くなるので、その年齢を基準に、眼科を受診するようにしましょう。

また、糖尿病と高血圧に悩んでいる人も注意が必要です。糖尿病のコントロールが悪いと、失明するリスクもある糖尿病網膜症という病気になりやすくなります。血圧が高い人は眼球内に出血を起こし、視覚障害を起こすこともあります。血圧が150~160ほどある人は一度、眼科で検査を受けることをお勧めします。

患者さんの心もケアできる温かな診療をめざしています

当院は、地域の患者さんを元気づけられるような温かな診療を心がけています。人間の五感の中で、視覚から入る情報は全体の8割だと言われています。そのような大事な器官である目に異常が起こることに対しては、皆さん、大きな不安を抱えています。目のお悩みはもちろん、患者さんの心もケアできるクリニックでありたいと考えています。気になっていることがありましたら、遠慮なくご相談ください。

当院の歴史

多世代に長く親しまれているクリニックです

当院は前院長が開業し、小岩の地域の皆さんに長く親しまれてきました。前院長が診療を継続するのが難しくなったため、2014年に私、池上正人(いけがみ・まさと)が院長を継ぎました。
お子さんからお年寄りまで多世代が通い、中には祖父母、子、孫と3世代にわたって来院するご家族もいらっしゃいます。今後も、温かな診療を通して、地域の患者さんに親しまれるクリニックでありたいと考えています。

診療時間・アクセス

診療時間

診療時間日・祝
9:00~11:30 × × ×
14:00~18:30 × ×

休診日:土曜日、日曜日、祝日
※メガネ処方、初めてコンタクトレンズの購入を希望される方はご予約の上、ご来院ください。

アクセス

住所 〒133-0051
東京都江戸川区北小岩6-15-5小岩メディカルセンター新館4F
TEL 03-5622-7077
最寄り駅からのアクセス 京成本線「京成小岩駅」から徒歩1分、24時間スーパーのある建物です。
エレベーターが2機ありますが、患者さんは薬局前のエレベーターに乗ってください。
※駐車場10台分あります。
提携駐車場有 徒歩2~3分に提携駐車場有(三井のリパーク北小岩6丁目第3)
駐車証明書を発券してご持参下さい。
駐車サービス券(300円分)お渡しします。

医師紹介

ごあいさつ

たんぽぽのように、患者さんの目と心が晴れる診療をめざします

皆さん、初めまして。たんぽぽ眼科院長の池上正人(いけがみ・まさと)です。前院長から引き継ぎ、2014年に院長に就任しました。
当院を訪れる方は心の温かな人が多く、日々、元気をもらっています。絵をたしなむ患者さんが「クリニックの花だから」とわざわざ書いてくれたたんぽぽの水彩画は、いま、当院の診療室を明るく照らしてくれます。
たんぽぽの花が元気よく花開くように、患者さんの視界、心が晴れやかになることをめざして、力を尽くしていきます。
今後とも、たんぽぽ眼科をどうぞよろしくお願いいたします。

プロフィール

1997年 秋田大学医学部 卒業
東京女子医科大学付属第2病院眼科入局
2002年 秋田大学医学部付属病院眼科学教室 入局
2004年 厚生連 平鹿総合病院眼科 医長
2007年 品川近視クリニック 勤務
2014年8月 たんぽぽ眼科院長 就任

保有資格・所属学会

日本眼科学会 専門医
日本眼科医会 正会員
日本眼循環学会 正会員
日本白内障屈折矯正手術学会 正会員
ドライアイ研究会 会員
江戸川区医師会 会員

院内ツアー

外観

 

入口

 

受付

待合室

 

診察室

 

検査室